TOP > Trial > フェイスガード(TR Defense COCORO <心>)

Rikizoh TR Defens COCORO(心)

トライアルヘルメット着用時の練習、競技などでの転倒時、顔面への衝撃を緩和する フェイスマスクです。
■Rikizoh TR Defense COCORO(心)
通常価格 13,143円(税抜)
商品番号: PC−9001A (Arai用 HYPER-T)
PC−9001S (SHOEI用 TR-3)

 

 

トライアル専用ヘルメットはロードレース、モトクロスなどのフルフェイスタイプはなく、視界を重視したオープンタイプジェット型が多く存在しています。
「TR Defense」装着でもオープン型とほとんど変わりのない視界を確保しています。
初心者、女性、子供、ベテランが楽しんでおられるライダーはもちろん、競技に出場されているライダーたちの必須アイテムです。
あらゆる厳しい条件下なのかでテストを繰り返し(破壊実験画像参照)、強度、視界、安全性を確かめました。

  【商品開発、販売の起因について】

最近の著しいマシンポテンシャルの向上、及びセクションレベル(難易度、危 険度)のアップなどでの負傷者の増大、
初心者、女性、子供、ベテランのための安全確保の助力を担うために開発、販売を決定しました。
世界選手権では常識となっているマインダーとの通信。「TR Defense COCORO{心}」本体内側にマイクを固定できる設計です。
また、視界が広くライディングの妨げとなりません。 
防御に「絶対」はあり得ませんが、少しでも最小限の危機回避になればと願っています。


【安全性について】

「防御は最大の楽しさを生む」を基本に開発いたしました。
構造上ヘルメット本体には加工不要のため、ヘルメット本体の安全強度はそのままに、
外方向からの衝撃からは顔面への損傷(鼻、歯、顎など)、内方向からの衝撃からは首へのダメージを最小限にするための
必須アイテムです。(ヘルメット本体はグラスファイバー素材。カーボンファイバーの強度はグラスファイバーの約1.7倍)
材質はカーボンファイバーを使用。ガードベースに4ピース、ガード本体と5ピースの構成になっています。


【デザイン性について】

ガードベースは強力な両面テープでヘルメット本体に接着され、本体自身に穴などを開けて固定させることを回避しました。
また「TR Defense COCORO(心)」は装着を感じさせないぐらいの重量です。(本体+取付金物 約100g)
モトクロス用ヘルメットを被り、飛び降りなどをしたときの上下左右の慣性重量はほとんど感じません。
 
【使用上のご注意/禁止事項】

※MFJのほうから11月25日付けで「トライアル用公認ヘルメットに付属するフェイスガード等の使用について」の報告がありました。
 今後、MFJと使用できるための解決策を話し合い、また安全基準を公的資料をもとに一刻もはやく解決したいと考えます。
 申し訳ございませんが、現時点でのMFJ公認競技会には使用できません。もちろん公認、承認以外の大会での使用はできます。
 ご理解をよろしくお願いいたします。


注1 あごひもは必ずしっかり締めてください。
あごひもを締めない、もしくはゆるく締めた状態にすると、万一のアクシデントの際に、ヘルメットが脱げてしまう恐れや、「TR Defense COCORO」本体が顔などに引っ掛かる恐れがあり大変危険です。
注2 ヘルメット本体に決して加工をしないでください。
各社ヘルメットメーカーが取得している製品安全基準はあくまでも出荷時の状態です。穴あけ加工など、あとで加工をすると安全基準が損なわれます。「TR Defense COCORO」本体はヘルメット本体が無加工で取り付けられるように設定しています。絶対にヘルメット本体に加工はしないでください。
注3 「TR Defense COCORO」本体に一度でも衝撃を与えたあと、亀裂などの損傷がある場合は絶対に使用しないでください。
練習中、競技中に一度でも「TR Defense COCORO」に衝撃を与えたとき、また落下など不用意な偶然で衝撃を与えたとき、亀裂、剥がれなどあきらかに出荷時と違う状態のときなどは絶対に使用しないでください。
注4 一般公道での使用は絶対におやめください。
トライアルなど競技及び練習時の衝撃を想定して製造しております。一般公道でのアクシデントに対しての安全基準は確認しておらず、絶対に使用しないでください。
注5 当製品は各社ヘルメットメーカーとは一切関係はございません。




トップページトライアルパーツ一覧オーダー方法お問い合わせ会社紹介